2006年10月02日

京都から名古屋まで天ぷら油で走ってきました

名古屋の団体にご招待いただき、この週末に京丹波から名古屋まで、往復573kmを天ぷら油そのまんまで走ってきました。

はい。うちのトヨタ・ワゴン車は、天ぷら油そのまんまで走ってます。
もちろん高速道路をかっ飛ばしましたよ。
天ぷらの臭いを振りまきながら。

今回のイベントでは、おやじさんたちと子どもたちが参加してました。

お昼ご飯に天ぷらを揚げ、その揚げ油を取り出して、
1002天ぷら1

それを子どもたちにワゴン車に給油してもらって、
1002天ぷら2

走ります!
排ガスはさっき食べた天ぷらの臭い!!
1002天ぷら3

これで、菜の花→天ぷら→廃食油→車のバイオ燃料という流れを子どもたちに体験してもらうことができました。

この後は、私が持参したミニミニプロセッサを使って、廃食油からバイオディーゼル燃料を作って見せました。

ちょっと解説すると、、、
天ぷら油を「エステル交換」という化学反応させて「バイオディーゼル」という燃料を作ると、軽油や重油で稼働しているディーゼル車や船、発電機を改造しないまま、そのまま動かすことができます。

逆に、ディーゼル車の方にマルチ燃料システムを搭載すれば、天ぷら油そのまんまで稼働することができるんです。

詳しくは長くなるのでこちらのサイトをご覧ください。
http://journeytoforever.org/jp/biodiesel.html

うちのワゴン車は2003年の春から3年半、家で手づくりしたバイオディーゼルと天ぷら油で走ってます。

そう、ガソリンスタンドにさよならしました!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。